家島おかん便はじめました


姫路市の沖合に浮かぶ家島諸島は、漁獲高が瀬戸内海一ともいわれるほど、漁業が盛んな島です。そこでとれた新鮮な魚を直接、皆様の食卓へお届けし、島の暮らしと魅力を多くの人に伝えたい!そんな思いで魚の通販「家島おかん便」をはじめました。

 

島の人々が普段食べている海産物に、私たちが心を込めて作った島の暮らしを伝える冊子を合わせてお届けします。おかん便と名付けたのは、ふるさとの母親のような島の人々の親切さ・温かさも一緒にお届けしたいと思ったからです。

 

この通販で商品をご購入いただき、家島のことをもっと知り、もっと好きになっていただければと願っています。



 「家島おかん便」 第1便について


今回お届けする海の恵みはシタビラメ。シタビラメは島の食卓にのぼることも多く、島の人々が幼いころから慣れ親しんできた食材です。煮つけやムニエルにしていただきます。

 

シタビラメのほかに、島のほとんどの家庭で使用されている富士大醤油(500ml)、さらに旬の海産物である牡蠣(お試し分)もお付けします。富士大醤油は少し甘みのある醤油で、煮つけを作る際にはこの醤油と水で煮立たせるだけでおいしく召し上がれます。

 

島の人々の普段の食卓の雰囲気をぜひ味わってみてください!

 

お届けメニュー

 シタビラメ(中) 2匹

 牡蠣(むき身) お試し分

 富士大醤油 500ml

 家島の暮らしを紹介する冊子 1冊

 

お値段

 3,300円(税、送料込み)

 

お送り時期

 1月24日(日) または 2月7日(日)

*受付は1月15日(金)をもって、締め切りました。

 たくさんのお申込み、誠にありがとうございました!



 家島について


家島諸島は小豆島にもほど近い、瀬戸内海に浮かぶ島々です。大小44の島々からなり、4つの島に6,000人ほどの人が暮らしています。昔から、漁業と採石業、海運業で栄えた島として知られています。

 

大阪から約2時間、姫路港から定期船で30分ほどのところにあり、観光客も多く訪れています。島を歩けば、狭い路地を挟んで多くの家が立ち並び、島全体に漂うノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。